パワースポット 相性で選ぶ日本の開運・運気アップの地

パワースポット 相性で選ぶ日本の開運・運気アップの地

パワースポット相性で選ぶ日本の開運・運気アップの地

駿河湾の初日の出あなたはこれまでに、何ヶ所のパワースポットを訪れましたか?ほとんどの方が「有名だから」とか「友達が良いと言っていたから」という理由でいろいろなパワースポットを訪れたと思います。しかし人間関係と同じように、パワースポットにも相性があります。特に神社は祀られている神様との相性があり、自然パワースポットでも、そのパワーの強さや状況によって、合う合わないが実際にあるのです。中には面白半分、興味半分で訪れて、逆にマイナスのパワーに影響されてしまった例もあります。

新屋山神社あなたが頂きたいご利益や訪れる目的、そしてそのパワースポットの特徴や由来をしっかりと理解し、相性的に本当に自分が訪れるべきパワースポットなのかを判断する必要があるのです。しかし今のインターネット時代に情報が飽和し、調べれば調べるほどよく分からなくなってしまうのが現実です。そこでこのホームページではそのような氾濫した情報をまとめ、これからパワースポットを訪れる方のために相性を判断するのに必要十分な情報をご提供していきたいと思います。

富士山またこのホームページの管理者である私自身が訪れた際のパワースポットのレポートも掲載致しますので、その場所をご検討の方は生の情報としてご参考にして頂ければと思います。これから訪れる相性が合ったパワースポット最新情報としてこのホームページがあなたにとって有益なパートナーになることを心より願っております。それではパワースポットの世界へお入り下さい。

 

 

パワースポットお役立ち情報パワースポットを訪れる時に知っておくべき事

パワースポットとの相性を体で感じる

パワースポットの相性はあなたの年齢や生活環境によって微妙に変化します。

今年には良く感じられたパワースポットでも、来年再来年はどう感じられるかわかりません。

あなたが願う事によってもご利益が異なりますので、まずはあなたの一年の目標をしっかりと決める事です。

そしてその目標をしっかりと心に決め、その上で今のあなたに合いそうなパワースポットを選んで訪れましょう。

今年年のあなたの目標、実現したい事は何ですか?

   

毎年ただルーティンワークのように訪れるのではなく、今のあなたとの相性をしっかりと考えてパワースポットを選びましょう。

 

パワースポットを正しく理解する

パワースポットと言っても、知っているようで知らない方が多いのではないでしょうか。

そもそも「パワースポット」という言葉は純粋な英語ではなく「和製英語」で、同じような意味の言葉は英語にはないそうです。

パワースポットは地理風水的な意味で捉えられることが多く、大地のエネルギーが溢れている場所であり、「龍穴」とも呼ばれる場所です。

地球は一つの大きな生命体であり、内部から強い霊力が大地を押し上げていますので、3,000m級の山々の多くはこの大地のパワーが大きく盛り上がり、さらにその力はさらに地面に沿って流れ出し、「龍脈」を作り出します。

山自体がご神体というパワースポットが多いのはこう言った意味があり、昔の人は現代人よりもスピリチュアル的な感覚が鋭く、現在神社仏閣が立っている場所は「龍穴」である可能性が高いのです。

 

パワースポットから力を最大限に享受するには

パワースポットは「意識レベル」の場所です。

つまりパワースポットの波長と自分の意識の波長を合わせる必要があり、そのためにはほぼ無意識の状態になる事が必要です。

自分と相性の良さそうなパワースポットを訪れ、「ほっとする」「気分が落ち着く」「心が穏やかになる」など感じられたら、数回訪れてみましょう。

何度も訪れる事でそのパワースポットとの相性がさらに良くなり、波長の合い方もより高くなります。

パワースポットは「龍穴」である事はすでにお話ししましたが、「龍穴」は土地であり、その土地に感謝の念を捧げる事で初めてパワーを頂く事ができます。

またパワースポットからの力によって、潜在意識が顕在化するようになります。

要は心にある願望が実現するという事であり、これが「願いが叶う」状態となるのです。

 

パワースポットを訪れるのは午前中

神社に限らず、パワースポットは午前中に訪れましょう。理由は簡単で、午前中は「日が昇る」時間帯だからです。古来から太陽は人間の生命の源とされ、その太陽が昇る事で運気が上がり、太陽が沈む時に運気も下降すると信じられてきました。

どうしても午前中が無理な場合には、少なくとも15時までには訪れましょう。日暮れ以降になると、特に神社は霊魂が集まるとされ、生きている人間には近づき難い場所となります。無理してそんな時間帯に訪れてしまいますと、逆にパワーを吸い取られてしまいます。

ただし神社の例大祭の前夜祭などは別です。翌日の大祭に神様を迎える準備を行うことで、死よりも生の力が強まります。しかし決して興味本位や軽い気持ちで夜にパワースポットを訪れることは絶対にやめて下さい。最も神様が嫌うことであり、悪霊の怒りを買うことにもなります。

パワースポットを訪れる時にはしっかりと計画を立てて、午前中に行けるようにスケジュールを決めて下さい。

 

パワースポットは一日に何ヶ所も訪れない

パワースポットを訪れる際には、1日1ヶ所にして下さい。限られた時間で訪れるだけ訪れたい気持ちも分かりますが、パワースポットはスタンプラリーではありません。多く訪れればそれだけ効果も大きくなるわけではなく、それどころかパワースポット同士の相性が悪ければ、逆効果にもなってしまいかねません。ご利益を頂きにいく所ですから、1日1ヶ所に絞りましょう。

勉強する時に無理に詰め込んでも学習効果は上がらないのと同じで、いろいろなご利益を一度に叶えようとしても無理があるのです。勉強も予習、授業、復習をして始めて身に付くもので、パワースポットも予習、訪問、復習が必要です。それには1ヶ所訪れるパワースポットのパワーについて知り、そして実際にパワースポットに行き、その力を意識しながら吸収するというプロセスが必要です。そのためにも1ヶ所にしなければ無理が出てくるのです。

 

パワースポットでの効果的な所作

パワースポットでの効果的な所作についてですが、最も基本的な事は謙虚な気持ちで訪れることです。そのパワースポットに存在する力に対し敬いの気持ちを持ち、感謝の心でいることが大切です。気持ち頭を下げ気味に、そしてゆっくりと歩きます。普段の半分くらいのスピードを心掛けるといいでしょう。

呼吸もゆっくりと深く意識し、目には見えないパワーをゆっくりと鼻から吸い込み、体中に巡らせるイメージです。そして体中にパワーが行き届いたイメージが出来たら、今度は体の中にある邪気や悩みなどのマイナスの要素を口からゆっくりと吐き出しましょう。

そして呼吸からだけでなく、手のひらをパワーを感じる方に向けて手のひらから伝わるイメージを持ち、これも体全体にそのエネルギーが充満する意識を持つ事です。

神社で参拝する場合には、あなたが何者なのかを必ず神様に伝えて下さい。名前や住所を伝え、お願いではなく決意表明をします。決して「お願い」をしてはいけません。「●●をがんばりますので、見守っていて下さい」と神様に伝えます。神様は自分で何も努力をしない人間は助けてはくれません。自らの努力の先に神様のご利益があると考えて下さい。

 

パワースポットでしてはいけない事

逆にパワースポットでしてはいけない事を知っておきましょう。まずはパワースポットにある自然の物を持ち帰る事です。パワースポットにある自然のものはそこにあるべくしてあるものですので、決して記念にと持ち帰ることはやめて下さい。特に石や草木はそれ自体にパワーが宿っている場合があります。思わぬ霊障を招く危険がありますので、これだけは絶対に守って下さい。

そしてもう一つ大切な事は、パワースポットで飲食はしないようにして下さい。神社などで供されるお神酒などはもちろん構いません。お神酒は神様から頂くものですから、逆にありがたく頂きましょう。そうではなく、自分で持ち込んで飲食する場合です。神様や霊に対して失礼な行為に当たります。飲食は自分の欲求を満たすための行動であり、パワースポットでは自らの欲求や欲望は捨てなくてはなりません。パワースポットを訪れる際には空腹状態の方が精神も研ぎ澄まされますので、少し我慢してもパワースポットを後にしてから飲食をするようにしましょう。

 

今月の注目パワースポットPick up

分杭峠

分杭峠

分杭峠は長野県長谷村と大鹿村との境にある標高1424mの峠で、日本で最も強い「気」が出ているパワースポットとして有名です。分杭峠は日本最大の断層地帯「中央構造線」の真上にあり、日本を東西に分つ大地溝帯「フォッサマグナ」と交わっている日本唯一の場所なのです。

Copyright(C) パワースポット相性で選ぶ日本の開運・運気アップの地 All Rights Reserved.